ムルツメスク!ルーマニア

パンフルートの故郷を訪ねて 三姉妹の笑いと涙の珍道中!

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地の塩

2011/09/19 09:24 ジャンル: Category:ルーマニアこぼれ話
TB(0) | CM(0) Edit

岩塩がでてきたので塩の話題を。聖書にあなたがたは地の塩である。」という有名な言葉があります。「塩で味つけられた言葉を使いなさい」という聖句もあります。塩で味つけられた言葉。塩はしょっぱい。塩は傷口につけるとひりひり。だからぐさっときつい言葉???ではありませ~ん。

 塩で味つけられた言葉・・・・ぴんとこないかもしれませんが、塩をほんのひとつまみ料理にいれるだけで素材をひきたてうまみを増し、お料理全体を美味しくすることを考えるとなんとなく想像がつく。

 塩分取りすぎは体によくないですが、なくても困る塩。塩は人間にとって書かせないもの。食物の腐敗もふせぎ、保存食にもかかせませんね。Mさんが、ラテン語のsalは英語のSalt塩、古代ローマで兵士の給料は塩で支払われたと言っていました。給料=salary サラリーも塩が語源なんですね。一生懸命働いて「はい。お給料の塩で~す。」あまり嬉しくなさそう。(^^ゞ お金がわりに物々交換したのかな。
 
 今回、トゥルダではじめて巨大岩塩を見ましたが、大自然の地下深くにこんな塩のかたまりがどのように形成されて集まったのでしょうか?昔海底だったところに地下変動がおこったのでしょうか?地震のような大きな力が働いたのでしょうか?すごい力が働いたのですね。不思議なことが世界にはいっぱいありますね。

 塩といえば、以前聖書の旅でイスラエルを旅したときに死海で浮遊体験したことがあります。死海はアラビア半島のヨルダンとイスラエル両国にまたがる塩の湖です。ヨルダン川と他6つの川が流れこんでいますが出口がないため、湖水の蒸発により塩分濃度がますます濃くなる。その名もDead Seaというぐらいですから生物も住めないほど塩分濃度が高い。ぷかぷか身体が浮き、カナヅチさんも絶対に沈まないのです。

 浮きながら新聞だの本だの持って読める・・・というのは本当です。そうやって読み物持参で、記念写真とっている人たくさんいました。でも海水が目や鼻にはいったら大変です!私などほんのちょっとの間、死海の水につかって浮かんで、すぐにあがって真水のシャワーをあびましたが、それでも一日中肌がほてってひりひり。でもお肌はしっとり、さらさらいい感じになった記憶が。死海周辺は今エステの施設がいっぱいあるとか?

 ルーマニアの黒海沿岸でも海水を使ったタラソセラピーが盛んと聞きました。泥エステなども気持ちよさそうですね。もともと自然の中にあるものって、本当に長い歳月がたったものでも何か人間のためになる働きをしているのですね。無駄なものがひとつもない。人間はその歴史の中で、その自然物を利用しながら、さまざまなものを発明してきたわけですが・・・。でも人工的に作りだしたものはその自然を破壊するものが多いのは残念ですね。

 塩はただ単に料理に塩味をつけるだけではありません。甘~いぜんざいに塩をほんのひとつまみいれると甘さがひきたつ。塩は決して料理の主役にはならない。あくまでもわき役。でも他の味にとけこんでそのものを引き立てる。塩から学ぶことはまだまだいっぱいありそうです。

IMG_0348_convert_20110919082405.jpg 塩のクロスロード!



● 本日の演奏=Cavatina by Zamfir and Dana Dragomir

●死海についてはこちらに詳しい。
スポンサーサイト

ルーマニアこぼれ話 その②

2011/09/08 21:34 ジャンル: Category:ルーマニアこぼれ話
TB(0) | CM(0) Edit

トイレの話
旅行中トイレって誰でも気になるでしょう。トイレって人間の生活にとって非常に重要な問題です。日本はトイレ最先端などと言われていますが、観光地の公衆トイレなどで使い方が汚くてがっかりすることありますよね。国によってトイレ事情も違います。

天安門事件の前の年北京に行きましたが、当時、公衆トイレには有料トイレと無料トイレがあり、無料トイレの方にいくと扉がなくてまるみえ。連れの人にスカートを広げて後ろむきに前に立ってもらって目隠しとしました。今は大分事情も変わってきていることでしょう。

聖書の旅でエジプト、イスラエルに行ったときは、エジプトのカイロからシナイ半島にかけて一日中砂漠地帯をバスで走りました。途中砂漠の中で何回かトイレ休憩。砂漠の植物のこんもりした茂みが遠くむこうに見えるところでバスがとまりました。「この先、宿のあるところまでちゃんとしたトイレはありません。あそこにあるような木の茂みもここから先は全くなくなってしまいます。宿まで待てない人はあの茂みの向こうまでいって用をたすように」と言われました。

またトイレに入ると必ずお掃除の方がいてチップを払わないといけない国もありますね。

パリのベルサイユ駅のトイレの思い出も忘れられません。コインをいれないと扉が開かないトイレだったのですが、壊れていたのかコインをいれたのに扉があかない。そばに駅員のような人が数人いたので「この扉あかないよ」といってもへらへら笑ってとりあわない。たかがコイン一枚、でもこんなことであきらめてはいけない!と駅長室?みたいなところに行って「このトイレお金だけとってとびらがあかない!」と苦情を言いました。すると駅員の女の人がカギのようなものをじゃらじゃら持ってきてしまっている扉をあけてくれました。それで私の後に続く連れ二人も無料でトイレを使わせていただきました。(*^_^*)

今回旅に出かける前にDさんとMZさんにルーマニアはトイレットペーパーがごわごわ固い紙の場所があるから日本からトイレットペーパー準備していった方がよいですよとアドバイスされました。

 それで私は一回分ずつトイレットペーパーを切ってたたんでルーマニア滞在日数分ずつ用意しました。毎日一袋かばんにいれて持ち歩けるように準備。ウィーンの空港でブカレストに乗り換え飛行機を待つ間トイレに行きましたが、「あ~これで柔らかいトイレットペーパーとはしばらくお別れなのだ」と思ったものです。

ところが!!!今回行った場所は主要な観光地ではありますが、ホテル、そしてガソリンスタンド(ルーマニアではガソリンスタンドはコンビニも兼ねていて軽食のサンドイッチ、菓子、飲み物類、読み物など売っています)、観光地のレストランなどいろいろなところでトイレに入りましたが、トイレットペーパーの紙はおおむねgoodでした。一か所ぐらい固めのがあったかなぁという位。、汚くて困ったこともなかったように思います。ラッキーだったのでしょうか?ここ数年でずいぶんルーマニアのトイレ事情は改善されているのでは?と思ったのですが、最近行かれた方はいかがでしたか?

本日の演奏=Michel Tirabosco スイスで活躍している。繊細な響き表現力が大変素晴らしい奏者。


ルーマニアこぼれ話 その①

2011/09/08 07:20 ジャンル: Category:ルーマニアこぼれ話
TB(0) | CM(0) Edit

一気に書きすすめてきた旅行記、まだまだ続きますがちょっとここらで、一息ついてティータイム。ルーマニアこぼれ話など。

日本人の原動力

私が以前海外で暮らしていたときにも感じたのですが、ヨーロッパの人たちの休日の過ごし方がとてもゆったりしていていいなぁ、日本人は本当に働きすぎだよなぁ、もっとゆとりのある毎日をすごしたいものだと思ったものです。そう思ってはいても、帰国して一歩日本に足を踏み入れたとたん、またせわしない生活へ戻ってしまう。

旅にいっても一か所滞在での~んびり休養をとるヨーロッパ人。カメラ片手によく動きまわる、みてまわる日本人の姿は以前から対比されて嘲笑されることがあります。

ところが、ガイドのMさんの話を聞いていたら日本人のそのような部分をマイナス面だけじゃなくて、プラス面でもみていることがわかりました。

 「日本人はよく歩くでしょう。本当にエネルギーがある!」「日本は火山があってマグマがあるでしょう。だからすごいパワーをもっている」みたいなことをおっしゃる。マグマが原動力なのか・・・(^^ゞ。の~んびりしたルーマニアから見たら、日本人もよく見える部分がいろいろあるのだと思いました。ルーマニアの人は親日の方が多いようなのですが、歴史で習ったのか蒙古襲来の時に神風が吹いた話までとびだして、よく日本のこと勉強されているんだなぁと思いました。

また「日本人はみんな同じ!(考え方が、行動が?)それは島国でずっときたから。ルーマニアはまわりの国々に歴史の中でずっと征服されたり征服したりの国。だから考え方がいろいろです。」確かに右へ習え、画一的なところが批判されるところが多い日本。「そう見えるかもしれませんが、日本人だっていろいろな考えの人はいるんですが・・・」と言ってみますと、でも、信号が赤だったらわたらないでしょう?同じなのはとてもいいことだと思います。」な、なるほど、そういうことね。(笑)Mさんは、何かルールを作ってもそれが浸透しやすい国とそうでない国があるってことを言っているのだなぁ。民族が入り組んでいるルーマニア。ルーマニアならではのむずかしさがあることを想像した次第です。

 他国からの侵略はほとんどなかった日本ですが、自然災害は昔から多い。狭い領土、山や沿岸も人々がいっぱい住んでいるから被害も大きい。今年は3月の大震災、台風、原発と建て続けてに痛めつけられている日本。こうして書いている今も台風の被害で避難命令が出ている地域のニュースが入ってきていて胸が痛みます。日本人の知恵と底力でなんとか力をあわせて乗り切っていかねばと思わされました。

補足:信号の話がでましたが、ルーマニアは大都市をのぞいては信号が本当に少なかったです。だから牧歌的な景色の中を皆、かなりのスピードでびゅんびゅん飛ばしていきます。



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Panflute

Author:Panflute
Panflute三姉妹(通称)の末っ子。Panfluteの美しい音色に魅せられているアマチュア愛好家。横浜在住。自身の演奏では四苦八苦しているが、パンフルートの素晴らしさを伝えることが喜び。ブログタイトルの「ムルツメスク Multmesc !!」はルーマニア語で「ありがとう」の意味。

写真は日本郵船・八幡丸(父の油絵)父は太平洋戦争直前ににこの客船に乗ってアメリカに渡る。八幡丸は客船としての使命は短期で終わり、まもなく軍艦へ改造され、後にフィリピン沖で撃沈されたという。父が乗り込んだ時、八幡丸には欧州からシベリヤ鉄道を使って日本に渡り、アメリカへ逃れるユダヤ人もたくさん乗り込んでいた)横浜・関内にある日本郵船歴史博物館に行くと当時の状況がよくわかる。

(本ブログ中の写真は無断で複製、転載しないようにお願いいたします。)

Live Stats Widget
3D Live Statistics
クラスターマップ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーマニア今何時?
Translation
Select your language
最新トラックバック
てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。