ムルツメスク!ルーマニア

パンフルートの故郷を訪ねて 三姉妹の笑いと涙の珍道中!

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わり  ムルツメスク!(完)

2011/11/23 09:14 ジャンル: Category:ルーマニア旅行記
TB(0) | CM(1) Edit

 ルーマニアの楽しかったエピソードを語りあいながらいっぱい笑ったウィーンの最後の晩でした。荷づくりをして、翌朝ウィーン国際空港へ。ウィーンに来た時に予約していたタクシーがちゃんとホテルまで迎えにきてくれました。帰りは行きよりも飛行時間が短く感じられました。オーストリア航空は機内サービスが大変よかったので、おすすめです。成田には朝到着しました。これは飛行機の窓からみた、美しい日の出です。ただいま!日本!

 IMG_0565_convert_20111123085403.jpg

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8月末より旅の思い出を忘れないようにと一気に書き綴ってきた旅日記「ムルツメスク!ルーマニア」、本日をもって終わりとなります。もう季節は晩秋、街ではクリスマスの装飾がはじまっている頃となりました。ルーマニアでは雪がふっているでしょうか。

 つたない旅日記、長い間、読んでくださってどうもありがとうございます。アクセスをみると、日本だけでなく海外からも読んでくださっている方がいるようです。どなたなのでしょう?日本でまだあまり知られていないパンフルートの魅力や、ルーマニアについて少しでも知るきっかけになったとしたらこの上ない喜びです。

 旅日記は今日を持って終わりとなりますが、パンフルートに興味のあられる方は、リンク欄にあります「パンフルートに魅せられて」を引き続きのぞいていただけると嬉しいです。何か質問がありましたらコメント欄にどうぞ!

 旅のプランではJRBA(日本ルーマニアビジネス協会)さんにお世話になりました。ルーマニアではガイドと運転で大変お世話になったMさん、出会ったおひとりおひとりに感謝いたします。

 そして何よりも、旅は道連れ!と申しますが、お優しいKさんとNさんのおかげで楽しい生涯忘れ得ぬ旅ができました。本当にありがとうございました。ムルツメスク!!(完)


最後はやっぱりルーマニア民謡で締めくくりましょう。奏者はUlrich Herkenhoffさん。
スポンサーサイト

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Panflute

Author:Panflute
Panflute三姉妹(通称)の末っ子。Panfluteの美しい音色に魅せられているアマチュア愛好家。横浜在住。自身の演奏では四苦八苦しているが、パンフルートの素晴らしさを伝えることが喜び。ブログタイトルの「ムルツメスク Multmesc !!」はルーマニア語で「ありがとう」の意味。

写真は日本郵船・八幡丸(父の油絵)父は太平洋戦争直前ににこの客船に乗ってアメリカに渡る。八幡丸は客船としての使命は短期で終わり、まもなく軍艦へ改造され、後にフィリピン沖で撃沈されたという。父が乗り込んだ時、八幡丸には欧州からシベリヤ鉄道を使って日本に渡り、アメリカへ逃れるユダヤ人もたくさん乗り込んでいた)横浜・関内にある日本郵船歴史博物館に行くと当時の状況がよくわかる。

(本ブログ中の写真は無断で複製、転載しないようにお願いいたします。)

Live Stats Widget
3D Live Statistics
クラスターマップ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーマニア今何時?
Translation
Select your language
最新トラックバック
てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。