ムルツメスク!ルーマニア

パンフルートの故郷を訪ねて 三姉妹の笑いと涙の珍道中!

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町全体が世界遺産 シギショアラ      その①

2011/09/10 21:33 ジャンル: Category:ルーマニア旅行記
TB(0) | CM(0) Edit

IMG_0290_convert_20110910213200.jpg  IMG_0292_convert_20110910213016.jpg 

 Brasovを立ち、ドライブすること数時間、シギショアラの町に到着しました。その日は昼に食べ過ぎてあまりお腹はすいていなかったので三姉妹は夕食にはいかずに休むことにしました。ホテルはなかなかおしゃれな雰囲気で、中庭に大きなプールとテラスがあり、人々が泳いだり、プールサイドでくつろいでいます。ボリュームの大きな音でBGMが鳴りひびいていて、「この音楽いつになったら止まるのかと思ったら、夜10時にやっと静かに。やれやれ、おやすみなさ~い。

 一夜あけて朝になるとお花の手入れに行き届いたプールサイドで美味しい朝食。ルーマニアにきてからの朝食。おいしいパン、シリアル(ミューズリーも)、果物、野菜、チーズ、ジュースなどがたっぷりあり、ヴァイキング方式です。

「朝の空気はひんやりしていて本当に気持ちいいですね!」ホテルの前方の丘の上に目をやると、写真左に写っているシギショアラの世界遺産エリアのシルエットが朝陽に照らされて見えるのです。素敵!

ただちょっと残念だったことは、またもや昨晩と同じようなにぎやかなディスクジョッキー風のポップスが流れだしたこと。この音楽とこの朝の風景かなりミスマッチと思うのは我々だけかしらん・・・と思っていたら、ガイドのMさんまで「ここの音楽ちょっとうるさいですね。3月にきたときは静かだったんだけどなぁ」と。あ~マイCDコレクションの中にこの場に似会うパンフルートCDあるんだけどなぁ。(短いルーマニアの夏だから思いっきりにぎやかにしたいのかもね)

 食事の後は、歩いて丘の上の世界遺産エリアへ。この日シギショアラの町をある物を求めて行きつもどりつすることになるとはこの時まだ全く予想していない私たちでありました。(つづく)



本日の演奏=Zamfir



ルーマニア旅行のお問い合わせ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Panflute

Author:Panflute
Panflute三姉妹(通称)の末っ子。Panfluteの美しい音色に魅せられているアマチュア愛好家。横浜在住。自身の演奏では四苦八苦しているが、パンフルートの素晴らしさを伝えることが喜び。ブログタイトルの「ムルツメスク Multmesc !!」はルーマニア語で「ありがとう」の意味。

写真は日本郵船・八幡丸(父の油絵)父は太平洋戦争直前ににこの客船に乗ってアメリカに渡る。八幡丸は客船としての使命は短期で終わり、まもなく軍艦へ改造され、後にフィリピン沖で撃沈されたという。父が乗り込んだ時、八幡丸には欧州からシベリヤ鉄道を使って日本に渡り、アメリカへ逃れるユダヤ人もたくさん乗り込んでいた)横浜・関内にある日本郵船歴史博物館に行くと当時の状況がよくわかる。

(本ブログ中の写真は無断で複製、転載しないようにお願いいたします。)

Live Stats Widget
3D Live Statistics
クラスターマップ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーマニア今何時?
Translation
Select your language
最新トラックバック
てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。