ムルツメスク!ルーマニア

パンフルートの故郷を訪ねて 三姉妹の笑いと涙の珍道中!

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランシルバニアの古都 Sibiu その①

2011/09/21 20:45 ジャンル: Category:ルーマニア旅行記
TB(0) | CM(0) Edit

トゥルダを後にした私たちはガソリンスタンドでサンドイッチなどの遅めの昼食を簡単にすませ、Sibiuに向いました。ガソリンスタンドで3人で買ってしまった羊ちゃん。羊グッズ好きなんですよね~。もちろん こういうみやげもの、made in Romaniaであるはずもなく・・・でも、買ってしまいました。3匹、それぞれ微妙に違います。パンフルートケースにつけました。

IMG_0369_convert_20110921190736.jpg  IMG_0382_convert_20110921191848.jpg 

 夕方シビウに到着。トランシルバニア高原の南に位置する古都です。宿は旧市街ピアツァ マ―レに歩いて数分の中心部にある小じんまりとした素敵な宿でした。荷物を置いて、さっそく広場を散策。

IMG_0376_convert_20110921192426.jpg

 大広場から小広場に出ると正面に「うそつき橋」という橋が。この橋の上で嘘をつくと橋が壊れてしまう?とか諸説言い伝えがあるようですが。建物のえんとつの上にコウノトリが巣を作っていました。ここも絵になる街でした。

b0d30756_convert_20110921194657.jpg

 夕食はMさんおすすめのルーマニアの伝統料理のレストランへ。ルーマニアのレストラン、いつもスープはお皿いっぱいなみなみとついてくださいます。チーズがたっぷりのママリガも食べました。とにかくおなかいっ~ぱい。
IMG_0378_convert_20110921195043.jpg
 食事の途中 ルーマニアの伝統音楽の演奏がはじまりました。笛はNaiではなかったけれど生演奏に大感激!

 ルーマニアの旅はじまる前は、説明は聞いたもののなかなか想像がつかない国で、いったいどんな風になるのだろうか?と不安がなかったといえばウソになる三姉妹。でも、たよりになるジェントルマンなMさんのおかげでな~んの心配もしないで、三姉妹は毎日楽しい旅を続けることができました。本当に感謝の思いを新たにした三姉妹でありました。
 ドナウデルタの話を聞いたりして、ルーマニアって変化に富んだ国なんだなぁ、また機会があったら今回行かなかった地方もみてみたいなぁと思いました。

 さぁて宿に戻ってからは、いつもかっこよくポーズが決まるNさんのご指導を受けながら(笑)三人が手にいれたルーマニア手刺繍ブラウスを着て写真をとったりしたのですが、すみませ~ん。その写真はお姉さんたちのカメラで録ったのでここに紹介できません。とっても素敵なのに・・・・と言っておこう。(^^ゞ

夜に久しぶりに雨の音が。今までずっとお天気でしたが。あ~あしたは再び、ブカレストに戻ります。

IMG_0381_convert_20110921195441.jpg



● 本日の演奏=Matthias Schlubeckさん。ドイツのパンフルート奏者です。
曲は私の大好きなバッハの Seep may safely graze 「羊は安らかに草を食む」
いつかこの曲が吹けるようになりたいなぁ。

ルーマニア旅行のお問い合わせ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Panflute

Author:Panflute
Panflute三姉妹(通称)の末っ子。Panfluteの美しい音色に魅せられているアマチュア愛好家。横浜在住。自身の演奏では四苦八苦しているが、パンフルートの素晴らしさを伝えることが喜び。ブログタイトルの「ムルツメスク Multmesc !!」はルーマニア語で「ありがとう」の意味。

写真は日本郵船・八幡丸(父の油絵)父は太平洋戦争直前ににこの客船に乗ってアメリカに渡る。八幡丸は客船としての使命は短期で終わり、まもなく軍艦へ改造され、後にフィリピン沖で撃沈されたという。父が乗り込んだ時、八幡丸には欧州からシベリヤ鉄道を使って日本に渡り、アメリカへ逃れるユダヤ人もたくさん乗り込んでいた)横浜・関内にある日本郵船歴史博物館に行くと当時の状況がよくわかる。

(本ブログ中の写真は無断で複製、転載しないようにお願いいたします。)

Live Stats Widget
3D Live Statistics
クラスターマップ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーマニア今何時?
Translation
Select your language
最新トラックバック
てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。