ムルツメスク!ルーマニア

パンフルートの故郷を訪ねて 三姉妹の笑いと涙の珍道中!

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブカレストに到着

2011/08/28 09:33 ジャンル: Category:ルーマニア旅行記
TB(0) | CM(0) Edit

現在日本からルーマニアまでは直行便がありません。乗り継いで時間的に一番早く行けるのがオーストリア航空のウィーン乗り換え便でこれだとその日のうちにブカレストに着くことができます。

 オーストリア航空は機内サービスもよく、ウィーンについてからも乗り継ぎが非常に分かりやすかったです。ブカレスト行きの乗客をみると、アジア人は私たちだけ。また他の乗客も観光客にはあまり見えず、ビジネスマンか、荷物をかかえて自国に戻る人たちのようにみえました。

 ブカレストにつくとガイドのMさんが私たちを待っていてくれました。見上げるように背の高いガイドさん。運転とガイドの両方、これからよろしくお願いします。
 普通の乗用車のトランクに我々の大きい荷物3つも入るだろうかと行く前から思っていたのですが、なんとか入ったことは入ったのですが、荷物が持ち上がり、後部窓がよく見えなくなる状態に。案の定、ブカレストから移動のときは、二つのトランクの人は、ひとつにまとめてくださいとのこと。最後に同じホテルに戻ってくるから、ひとつはホテルに置いていくようにとのことでした。準備のよいKさんが小さい旅行鞄を別に持ってきていたのでよかったです。

 さて、空港についたのが夜の8時すぎなのですが、日が長いのでまだあたりは暗くはありません。市内までの道路から大きなIKEAが見えます。世界どこにも進出しているのですね。

 途中両替に大きなホームセンターのような店に寄り、そこでミネラルウォーターを買いましたがMさんがルーマニアで一番おいしい水はこれだと言う水を買いました。名前が思いだせません。

 ライトアップされた凱旋門をくぐったころにはあたりも暗くなり、Moxaホテルに到着。機内食やら何やらで新たに食べにいくほどはおなかも空いていなかったのでその晩は、持ってきた菓子類などをちょっとつまみ、そのまま休むことに。おやすみなさ~い。いよいよ明日はドキドキのパンフルートレッスンが待っています。


本日の演奏=Sissel 歌 ・オブリガート Zamfir ・
 絵 Nicolae Grigorescu ルーマニアの画家


 
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Panflute

Author:Panflute
Panflute三姉妹(通称)の末っ子。Panfluteの美しい音色に魅せられているアマチュア愛好家。横浜在住。自身の演奏では四苦八苦しているが、パンフルートの素晴らしさを伝えることが喜び。ブログタイトルの「ムルツメスク Multmesc !!」はルーマニア語で「ありがとう」の意味。

写真は日本郵船・八幡丸(父の油絵)父は太平洋戦争直前ににこの客船に乗ってアメリカに渡る。八幡丸は客船としての使命は短期で終わり、まもなく軍艦へ改造され、後にフィリピン沖で撃沈されたという。父が乗り込んだ時、八幡丸には欧州からシベリヤ鉄道を使って日本に渡り、アメリカへ逃れるユダヤ人もたくさん乗り込んでいた)横浜・関内にある日本郵船歴史博物館に行くと当時の状況がよくわかる。

(本ブログ中の写真は無断で複製、転載しないようにお願いいたします。)

Live Stats Widget
3D Live Statistics
クラスターマップ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ルーマニア今何時?
Translation
Select your language
最新トラックバック
てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。